DIARY

ブックエンドスタジオ Bookend Studio
音楽と翻訳と語学の教室&レコーディングスタジオ
[ベース・ジャズピアノ・ヴァイオリン・フィドル・ギター・ハリウッド式ヴォイストレーニング&発音矯正・英語・独語・翻&通訳]
●音楽と語学を本格的に学びたい人のための教室
●教材無料・どこよりも安い入会金(1万円)
●プロ中のプロを世に出しました
●Skypeなどの通話/オンラインでも可能
●レベルが上がると安くなる。月2万円でレッスンを受け始めた初心者がレベルアップすると私にとってのレッスンが楽になり、レッスン料が2万円から1,6000円と、どんどん減ります。最終的には、一人前のプロとしてレッスン料ゼロになります。お互いがトクするため、レベルアップすると安くしはじめたのです。
音楽と語学と教育についての記事はこちら
音楽(ベースジャズアウトロー カントリー)のメルマガ
ブログはこちら

音楽をテーマとする記事のアーカイブです

ステージでゼッタイやってはいけない7つの習慣

1. 曲と曲の間やMCの最中に意味なく自分の楽器で練習しているのが聞こえる瞬間。
ミュートができなくてうっかり倍音なんかがボーンと鳴っている時はボリュームを絞って下さい。次に来る曲を練習するのはもってのほか。

2. 観客を読まない。
セットリストがあるのはよろしいこと。だけども観客の雰囲気で、曲順を変えたり、曲の雰囲気を変えないとね。ただ脚本を棒読みされるほどつまらないものはない。

3. 退屈な話しが長い。
やたらダラダラ喋り続けるのは永遠に同じ音が続いているようで、観客はすぐ退屈する。話したいことがあるなら簡潔に話しましょう。ただの定型語なんて、どこでも聞いてますから。バンドメンバー同士の冗談も、世話になった先輩に対する感謝の言葉も、余程ウィットが無い限り、聞いててうんざり。感謝の念はグラミー賞のスピーチに取っておきましょう。

4.いざという時のための準備不足。
ケーブル、チューナー、テープ、ACアダプター、電池、ピック、等等の予備を準備すること。車で移動の場合はガソリンを満タンにしとくこと。当たり前そうな準備が不足できていない人、多いです。

5. 不安気な顔の表情。
不安な気持ちになった場合は、笑うことです。不安な顔は、余程上手く無い限り、やっぱり下手だ、と思われ、チャンスさえ与えられない場合があります。

6. 感謝を忘れる。
とりあえず、バーオーナー、ウェイター、ミキシングボードの人、その他のスタッフと軽く交わす等、感謝の念を表すこと。

7. 中々消えない。
多いです。ステージが楽しくてしようがなくて、もう一秒でも長くステージにいたくて、とっくの前に次のバンドの出番だというのに、なかなか引き下がらず、次はいついつどこどこで演奏します、とか、CDはあちらのレジで買って下さい、とか、サイン会やりますよ、等等、どうでもいいことを喋りだして中々話しが止まない歌手。
『お気に入りのアルバム』
オススメのレコードは何ですかとよく聞かれます。このサイトを読んでないのかしらと思ったら英語なのでわからないのだとか 笑
MY RECORDSHELF のページを見てくださいね。
アルバム名、アーティスト名、英語です。ごめんなさい。

女はSNSと一緒。

SNSでいいねされればされるほどもっと良い記事を書こうとするのと一緒で、女も男に褒められれば褒められるほど綺麗になり、いくら同性に褒められても嬉しくない。私も最近久々にミクシィにログインしたが、そこに転送される私のツイートが完全に無視されているので、そこでつぶやく気にはとてもなれない。ここで書いて誰が読むんだ?って自問したとき、昔なら愛する旦那がいたが、今や彼もがFBへ移ったので、ただの独り言に過ぎない。やはり美容にせよネットにせよ、「見られる」、「読まれる」という自意識は必須ですね、特に女性は。なぜならばそこから私たちの自尊心が生まれるのだから。

FBの壁は管理人の心

私はFBの中で一番好きな場所は自分の壁で、いいね通知が来る都度、自分の記事を何度も何度も読み直して、書き直したりして、”いいね”つけた人って趣味良いじゃん!と思いながらその人のTLに言ってみて、いや、やっぱり自分の壁に戻りたくなる、どうしようもないナルシストである。リアルでも一緒で、どんなに外が楽しくても自分の家に早く帰りたくなり、どんなに他人と対話が弾んでも自分との対話が一番面白くて、寝る前には必ず生まれたときから本日までの自分を思いめぐらせたりしながら晩酌している。思うに、それぞれのFBの壁は、その人の心と同じようだ。

Although there are many Japanese who speak fluent English, most don’t.

Why not? Many think, it comes out of fear of making mistakes. I think not. Otherwise there won’t be so many erratic signs, websites, food labels, commercial songs, subtitles, and so on. I actually think, Japanese people are pretty adventurous when it comes to using foreign words. I teach Japanese women that teach English as a foreign language to children, women who claim to have studied English in college, or even spent some time abroad as exchange students, nevertheless their English abilities are no better than those of mine when I was sixth grade in Germany! That doesn’t say I’m great, but that Japanese schools in general haven’t taught them much about creative thinking, so that they don’t know how to express opinions, thus debates are almost non-existent.

Most Japanese don’t really need to learn English. At school, they memorized words and grammar rules for six to ten years to pass tests, and forget everything they learned. Life in Japan doesn’t require any English skills. Japan has always had its own unique culture that made foreign language acquisition redundant. Japanese people rarely consume English language media. And with foreign movies and TV shows dubbed or subtitled into Japanese, there is almost no contact with other languages. This can also be the case in Germany where I was raised, but German language is so much more similar to English, French, Dutch, Italian, and Spanish. They all are Indo-European languages, with Latin roots, which makes switching from one to another language easy. Japanese on the other hand has nothing in common with any of those languages.

So, why do some other peoples speak better English even though it is said that their languages are very different from English? Well, in some countries, the development of culture and civilization itself depended on English skills, thus, they really needed to learn English and became fast learners. As long as the Japanese don’t feel the urge to learn it, they won’t make progress in speaking English or in any other language, for that matter.

How To Get By In Japan

If you want to learn #Japanese, try by visiting a beauty salon/barbershop in Japan. There you’ll learn to communicate Japanese style. They’ll ask a series of stereotype questions (and they’re all stereotype).

1-Hisashiburidesune. Isogashikattandeska? Even if it’s been a week/month since the last time they saw you – they will say “It’s been a while, you must have been very busy”.

2-Ikaganishimaska? No matter how many times you tell them how you want your hair/coffee/tea/sake/dressing etc, they’ll ask how you want yours etc. Just say “itsumono (as usual)” and they’ll repeat like a parrot what you requested. Learning comes from repetition, remember? Lol

3-Renkyu dokka ikunska? No matter how you look, how many times you told them you’re a musician, a retired professor, or a freelance writer – they assume that you’re a white-collar business person & will ask again and again where you’ll be vacationing during the national holidays.

4-Eigo ga yomerunda. Sugoi desune. If you are Asian and read anything in Latin script, they will tell you how awesome you are for your English reading skills.

5-Nihongo ojozudesune. Nagaindesuka? If you’re white or black, and uttered “hai”, “shoganai” & “suimasen”, you’re the star. They’ll ask if you’ve been here for a long time.

6-Osake tsuyoindesuka? This is not an invitation for a drink, nor is it a conversion to a Twelve-step program. At some point, they’ll literally ask if you are “a heavy drinker”. Don’t ask me why.

Most of the questions are vaguely rhetoric. You don’t have to answer, for they only ask to keep a conversation rolling and not to get to know you. Specific replies aren’t expected. Like today, a student asked me question 6 for the third time, so, if you care to talk, do talk for talks sake, but if you are indifferent, smile, nod, and say “sossnay” which means practically everything; that’s what I did.

 

私は価値ありと思った事柄を必ず文字で書き写し,自分のものにしないと気が済まないという生まれ持った衝動がある。ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

I’m in the process of updating all of my sites including this one. It’ll take a while…

Meanwhile, you can interact with me on Twitter , or the Facebook cause that’s where you can find me anytime.

Oh, and I forgot to say that this website is mostly in Japanese. You might enjoy the design ^^

私と関わりたい方は、ツイッター

か、フェイスブック でフォローしてください。