英語日記

英語日記の添削を始めました。英語日記で会話力と作文力を上げるレッスンです。あなた様が書いた日記をメールで送っていただくと、私が添削いたします。 レッスン料は、月14000円で、毎日書いてもOK。量は140文字なのでツイッターでつぶやく量と同じ。レスポンスは早いので、とても勉強になります。 わからないときは、問いに日本語でお答え致します。添削後、例えばTwitterやご自身のブログなどで公開できてしまうのも魅力。

 

英語とドイツ語の翻訳と『翻訳の添削』に関して:

翻訳は基本1時間=3千円 テーマは法律、自然科学、文科系 すべてOK

『翻訳の添削』=1テキスト3千円 更にミス次第で料金が増えますのでご了承ください。

翻訳ではなく『翻訳の添削』のみをご依頼の方にとって、添削料のほうがご自身の翻訳料よりも高くつく場合があります。ミスの度合いによっては、新たに語学レッスンをおすすめしますのでご了承ください。

 

80’s

札幌ではフュージョン,リズムアンドブルース,ビートルズ,ブルース,と三日間60−80年代のレトロ音楽を聴かされて、なるべく聴き流すようにしたものの、帰って来るとどうもあれこれ気になって、「あのときに流れていたあの曲はミュンヘンの家においてあるのかな?」、「あれは昔の彼が持ってるんだっけ、私が持ってるんだっけ」、「あれってレコードしか持ってないよね」と独り言を言って落ち着かない。まさかiTunesに入っているとは思わなかったので、持ってないつもりのアルバムをアマゾンで買ってしまって凹んでしまった。おかげでリベンジしようって気になって、ムキになって絶対iTunesに入ってない昔のフュージョンアルバムを買いそろえてしまった。まあそんなこんなしているうちにレニーホワイト、グローヴァー、サンボーン、クルセーダーズと、どんどんエスカレートしてしまい、なんだか気持ちが萎えてしまった。だって全部同じに聴こえるのですもの^^

フュージョンを聴いて萎えてしまうのは、歌がないからと思ったけど、ジャズやクラシックは大丈夫なんだよなあ。なんでだろう。古いから萎えるというわけでもなさそうだ。どうやら80年代は私にとって最も不安定な時代だったからかもしれない。

夏休み

フリーランサーにとっての夏は経済的にキツい。
ぼんやりしていると8月は収入が普段の半額までに落ちるているので、それでもエアコン代や食費は出ていくわけだからこういう時こそ臨時収入にかけている一方で、レッスン生の方々は旅行、サンバカーニバル、夏バテ、風邪、野外コンサート等のためにのんきにレッスンの回数を減らすのは当たり前だと思っておられるし、教師としては「旅先からもスカイプレッスンを受け続けて欲しい」と言いたいところだが、生徒さんにも事情があるだろうからと思って我慢して黙っている。そもそもフリーランサーというのは暇な時は気が遠くなるほど暇だが、とにかく一回一回の収入のために時間調整やら体調管理やらお金の管理やらをしているので収入が安定している会社員とか専業主婦とか公務員とか学校のセンセイと違って気ままに仕事を休んで遊びに行くことはできないのだ。いつ臨時収入が入るかわからないし、いざオイシイ仕事が入るとなにがなんでも即座に飛びつく性(さが)なので、ドタキャンされた場合の『振替』レッスンは物理的に無理なのです。そうとなくレッスン回数を減らして月謝の金額を普段の半額になさっている生徒さんたちをこれ以上甘やかすのは、むらなくレギュラーに習い続けている生徒さんたちに対して不公平だし、第一回数を減らす生徒さんのために自分の収入を犠牲にしているフリーランス教師に対してものすごく失礼である。こちらも収入を削ってまで生徒さんの夏休みの都合に合わせているのだから、生徒さんも協力とは言わないが少しだけ理解して欲しいよ〜♡♡

ひと

…perhaps the hopes I have confessed to are of an illusory nature, too. But I hold fast to one distinction. Apart from the fact that no penalty is imposed for not sharing them, my illusions are not, like religious ones, incapable of correction.

Freud

ブログ

ブログの方も徐々にこの新しいウェブサイトで書く予定ではありますが、

しばらくはこちらで書き続けると思います。

引っ越し中

なので、徐々に色んなものをこちらへ移しているところですが、取り急ぎ、語学と音楽レッスンの最新情報のチラシのようなものを作りました。内容はこんな感じ:

ブックエンド・スタジオについて

川沿いにたたずむこのスタジオに音楽や語学を学ぶ人たちが集い始めて、 常時述べ50人程度が通うようになりました。本場さながらの一歩先の楽しさを求めるには最高の環境を整えています。 初心者から専門家まで幅広く、 今の時代に最も必要な実用的な <ギター、ベース、音楽理論、英語、ドイツ語>を教えています。 モットーは、楽しいだけではなく、『実用的』であること。 それは簡単ではないけれど、絶対に役に立つ。音楽や言葉のスキルを身につけて、より多くのチャンスをつかんで、より豊かな人生をおくりましょう!

語学レッスン

ミュージシャン英語、ヴォーカリスト用発音矯正、 ドイツ語、 英検・TOEIC、ビジネス英語、英会話、発音矯正、をトレーニングします。初心者から 帰国子女、 英語教師、翻訳家などの既に英語に自信のある専門家たちにも本格的な語学を教えています。音楽、聖書、ラテン語とギリシャ語の語源、芸術、哲学、文学、などの文化的な側面を大切にしたレッスンが特徴です。発音に関しては、誤解無く伝わる英語・ドイツ語を重視しています。対面の他、スカイプレッスンも可能です。

英語、ドイツ語  講師:子安 フミ

ミュンヘン、シュタイナー学校卒業、ミュンヘン大学にてドイツ文学と英語文学科専攻。NHK『ドイツ語講座』にレギュラー出演。ニューヨーク、ナッシュヴィル等で演奏活動の他、専門誌の取材、翻訳、通訳、執筆を行う。

ギター・レッスン

初心者からプロまで実力に応じてコード、スケール、アドリブ等をより実践に活用しやすい独自の方法で教えています。ベンディング、ビブラートに重きを置いた、歌うフレーズで様々なジャンルに対応したアドリブ、テクニック、リズムをステップバイステップで教えます。「この曲が弾けるようになりたい」「このテクニックを身に付けたい」といったピンポイントの要望にも柔軟に対応します。※真剣にプロを目指す生徒さんには講師のライブやリハーサル等に帯同し、現場の様子を見学する事も可能です。

講師:宍倉 聖悟

12歳でギターと出会い、高校でバンドを結成。ライブ活動開始。コンテストやイベント等にも出場し、数々の賞を受賞。19歳で単身渡米。サンフランシスコ、オースティンで地元のクラブに出演。好評を得る。帰国後、拠点を東京に移し、セッションプレイヤーとして活動。2006年には2人組ユニット「rockwell」のギタリストとしてメジャーデビュー。2008年頃から再度セッションプレイヤーとしての活動をメインとし、多くのシンガー、ミュージシャンとの共演を重ねている。

ライブサポート、レコーディング:嵐、V6、トニセン、佐藤アツヒロ、竹仲絵里、天野月子、高宮マキ、大野真澄(GARO)、BENNIE-K、GAKU-MC、BON-BON BLANCO、影山ヒロノブ、Ash、dorlis、一十三十一…and more

ベース・レッスン、音楽理論、タッピング楽器
講師:瀬川 信二、子安 フミ
読譜、運指、フォーム、ジャムセッション、等を中心に教えます。世界中から選りすぐりの教材を基に、改良を加えたカリキュラムでベース演奏の本質を摑み取る手助けをします。
ベース、音楽理論 講師:瀬川信二、子安 フミ

 

 

場所: 川崎市多摩区登戸新町463

HP http://foomykoyasu.com/