Write down the thoughts of the moment. Those that come unsought for are commonly the most valuable. Francis Bacon

人の文章とか読んでいて、
はじめは、「いいこと書いてるじゃん」と思って読み続けるとそのうち漠然としたものが書かれてたり、脱線してたりして、戻ってくるかと思ったら曖昧語が続いて最後はこの人なにを言いたかったんだろう、と思うようなやつが多い。欧米には簡潔に伝えるための文章法みたいな本には必ず悪い例と良い例が載っていて悪いのはどういうふうに悪いのかの説明があったりして、わりと大学出のほとんどの人がそれを見本にしてたりするのだけど日本語にもそういうようなわかりやすい手本と言っちゃなんだけど基準になる古典的な文章作りのバイブルなんかがあるといいなと思う、流行りのコミュニケーション術とかウケ狙いのみの会話術とかじゃなくて。国語ができたらプレゼンテーションもコミュニケーションも会話術も人を動かす方法もどうでもよくなるような、実践的な国語の本。

結局こういうSNSやらブログやらでわけわからぬことを書いている人の場合、スタートは良かったものの、途中からわけわからなくなって、最後は、で?オチは?って感じのツイートや投稿やブログ記事、結構多い。別に面白くなる必要はなくて、話題豊富になる必要もなくて、一つの意見を簡潔に書けばいいじゃんって話し。ネタも凝る必要はなくて日常の当たり前なもんでも構わない。多くなればなるほど紛らわしい。私だって今は、国語の問題は音楽の問題と一緒だなと書きたてうずうずしているけれどもあえて書かない。テーマは一つにしぼる。そういった文章作法って日本の国語で習わないのかな、不思議。あと、せっかく一つの説を相手に伝えたいのなら、謙虚ぶらないほうがわかりやすいと思う。人を傲慢かどうかと思うのは読み手次第なのだから、解釈の自由はもっと与えてもいいような気がする。

仮面素直

英語のオッケーを、児童番組オーキードーキーからとってきたオーキーのようにスペルする子供英語教師の知人がいた。初めて書かれた時はわざとだな、と思ったが、そのあともずっとokeyと書いてるし、それ以外の英語も怪しいので、あえて使用頻度の多いオッケーだけスラングを使うのはまずいんじゃないかと思った。

しかしここは日本。同業者(?)のプライドを傷つけちゃいかんので直さないようにぐっと我慢したら、向こうから「フミに英語を習いたい♡」と申し出てきたので、咄嗟にokeyをokayに直してやった。馬鹿素直なのかなんなのか、なんの抵抗も無く”Yes!”と返事した。最近、彼女は私との英語を辞めた。そして彼女の文章にはOkeyと書いてあった 笑

しかし日本にはヒトの言う事を聞く振りして全然聞いてない仮面素直な女子が多いものだ、これから気をつけよう♡♡

コトバという武器で、わたしは抵抗し、すばやくツバをはく...ボブ・ディラン

gig this Tuesday Oct 22nd at JambJamb, Asagaya, 1500 Yen entry

私は価値ありと思った事柄を 必ず文字で書き写し,自分のものにしないと気が済まないという生まれ持った衝動がある。 ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

自分の意見を言うことは勇気がいる。言わないですめばいいなと思うことがしょっちゅうある。意見を言わないアーティストが多いのは、この社会では、意見を言ってしまうと気難しいと思われるから。たとえ正論を言ったとしても毒を吐いたと思われ、のけ者にされるのを恐れて何も言わない人がいる。これも年取るにつれてだんだんと楽になるものである。思い描いていることに自分が近づくにつれ、心の余裕ができて、周りとの折り合いがうまくなるんだろうね。

マジックトラックパッド

新しいマックとともにマジックトラックパッドを購入した。親指を使わないのと速さについてけなくて戸惑っている。今後のライフスタイル、どうなるんでしょう。

翻訳の添削

このところ何故かたて続け、翻訳だけでなく翻訳の添削の依頼がくる。

嬉しい事ではあるが、翻訳の質によっては添削よりも読解力と語学力などのレッスンを翻訳者本人が受けなおしたほうがその人のためではなかろうか。結局私が人の『訳』を読んでも、原テキストを辿らなければならないわけだからね。

 

英語とドイツ語の翻訳と『翻訳の添削』に関して:

翻訳は基本1時間=3千円 テーマは法律、自然科学、文系、芸術、教育、グルメ 等

『翻訳の添削』=1テキスト3千円 更にミス次第で料金が増えますのでご了承ください。

翻訳ではなく『翻訳の添削』のみをご依頼の方にとって、添削料のほうがご自身の翻訳料よりも高くつく場合があります。ミスの度合いによっては、新たに語学レッスンをおすすめしますのでご了承ください。

I look like I'm havin' a good time but any fool can tell, that this Honky Tonk Heaven really makes ya' feel like hell.Merle Haggard

Tonight, Gig at JambJamb, Tokyo! Tel 03-3338-2912 Asagaya Suginami-ku 2-4-8

今夜12日は阿佐ヶ谷jambjambでコヤブボードトリオのライブです。改造してかなりパワーアップしたコヤブボード、是非!20時から!!!

9/12(THU) LIVE SYNDICATE

阿佐ヶ谷 jambjamb
OPEN / START : 20:00/21:00 1,500Yen
LIVE : 瀬川信二, 子安文, 古橋一晃

When you’re about to quit, remember why you started.Unknown

ジャズのソロで小節を見失わないためにはどうすればいいんですか?
と某ジャズベーシストのFAQに書いてあった。
それに対して某ベテラン講師が長ったらしい答えをいろんな言葉で書いてたけど、要するに「それは足踏みしながらちゃんと音楽にフォーカスすること」としか言ってない。いや、だからそれができないから人は悩んでるんじゃないの?

私も生徒たちに、うっかり「フォーカス」という言葉を使うことがあるけど、それができないからみんな悩むようです。ドイツ語ではこういうとき簡単にScheuklappen aufsetzenというのだけど、日本語では「馬が周りを見て驚きおののかないようにするために眼部に仕切り板をつける」と言う。それをそのまんま日本語に訳して大失敗をしたことがある。女生徒さんが文字通りに自分が馬と比べられたと思ったらしく、自分が見ている周りのものがイケナイものだと私が彼女を非難したと思われたようで(笑)… 私はたんに彼女にオートフォーカスできるならば助けたいのだけどと言ったつもりなのにたいへん傷つけてしまったよう(笑)なので今後普通の日本人のかたとしゃべるときは比喩を使わないように気をつけます。というか、ドイツ語でものを考えないように頑張ります(笑)

しかし子供の頃からスポーツか音楽のような習い事を通してフォーカスするということに慣れてない人にとってはそもそもフォーカスするというのが解りづらいのね。だから、彼らには音楽とか外国語云々よりもそもそもフォーカスというのがどういうものかを実感してもらうしかほかにない。

英語日記

英語日記の添削を始めました。英語日記で会話力と作文力を上げるレッスンです。あなた様が書いた日記をメールで送っていただくと、私が添削いたします。 レッスン料は、月14000円で、毎日書いてもOK。量は140文字なのでツイッターでつぶやく量と同じ。レスポンスは早いので、とても勉強になります。 わからないときは、問いに日本語でお答え致します。添削後、例えばTwitterやご自身のブログなどで公開できてしまうのも魅力。

 

英語とドイツ語の翻訳と『翻訳の添削』に関して:

翻訳は基本1時間=3千円 テーマは法律、自然科学、文科系 すべてOK

『翻訳の添削』=1テキスト3千円 更にミス次第で料金が増えますのでご了承ください。

翻訳ではなく『翻訳の添削』のみをご依頼の方にとって、添削料のほうがご自身の翻訳料よりも高くつく場合があります。ミスの度合いによっては、新たに語学レッスンをおすすめしますのでご了承ください。

 

80’s

札幌ではフュージョン,リズムアンドブルース,ビートルズ,ブルース,と三日間60−80年代のレトロ音楽を聴かされて、なるべく聴き流すようにしたものの、帰って来るとどうもあれこれ気になって、「あのときに流れていたあの曲はミュンヘンの家においてあるのかな?」、「あれは昔の彼が持ってるんだっけ、私が持ってるんだっけ」、「あれってレコードしか持ってないよね」と独り言を言って落ち着かない。まさかiTunesに入っているとは思わなかったので、持ってないつもりのアルバムをアマゾンで買ってしまって凹んでしまった。おかげでリベンジしようって気になって、ムキになって絶対iTunesに入ってない昔のフュージョンアルバムを買いそろえてしまった。まあそんなこんなしているうちにレニーホワイト、グローヴァー、サンボーン、クルセーダーズと、どんどんエスカレートしてしまい、なんだか気持ちが萎えてしまった。だって全部同じに聴こえるのですもの^^

フュージョンを聴いて萎えてしまうのは、歌がないからと思ったけど、ジャズやクラシックは大丈夫なんだよなあ。なんでだろう。古いから萎えるというわけでもなさそうだ。どうやら80年代は私にとって最も不安定な時代だったからかもしれない。